プラスロジスティクス会社概要個人情報保護方針代表お問合せ
オフィスマネジメント

オフィスの環境と安全:健康対策:空気清浄機

オフィスの環境と安全

健康対策

空気清浄機/分煙向け空気清浄機

空気清浄機

■天井ビルトイン型(VIPシリーズ)
吸込口、吹出口が天井面にフラットに取りつけられて天井面に一切の突起のない空気清浄機です。
吹出口の一部を強制排気ダクトに接続することで換気を兼ねることが出来ます。(健康増進法対応)

<注:健康増進法対策>
平成15年5月に健康増進法が制定されて受動喫煙の防止などが指導されています。
この中で特に喫煙場所の空気は屋外に排気することが望ましいと述べられています。現実には完全に換気だけで対応すると冷暖房のエネルギーロスにつながります。

■VIPシリーズは
1.吹出口の一部を換気に使える
2.これにより喫煙室を負圧にして室外へのケムリ流出を防げる
3.吹出量調節によりエネルギーロスを最小限に止める
という特色をもっています。

室内浮遊物

■タバコの煙
気分転換の一服が、ストレス解消の特効薬などともてはやされたのは遠い昔の話。
今や家庭やオフィスでも、空気汚染の悪役No.1として忌み嫌われているタバコの煙ですが、この中には、癌の誘因物質とみられているタールや、心臓機能に影響を与えるニコチン、その他アンモニアや二酸化窒素など、多数の有害物質が含まれます。

これらの物質は、喫煙者が直接吸い込む主流煙より、吸っていない時タバコの先から立ち昇る紫煙(副流煙)に、数十倍から数百倍の量が含まれております。

あるデータによりますと、夫が1日21本以上喫煙した場合、その妻は自身で喫煙しなくとも、毎日10本喫っているのと同じ状態であるとの結果が出ております。この様に、周囲の人々に、大きな影響を与えることも顕著な特徴となっております。

■パウダー
食品工場では小麦粉等が空気中に浮遊しており、それによるアレルギー症状が出る場合があります。印刷工場でも裏写り防止用にパウダーをつかっておりますが同様です。

■排気ガス
道路沿いの場所では、扉が開くたびに有害な排気ガスが室内に入ってきます。又、換気扇の外気取り入れ口も同様です。特にディーゼル車の排気スラッジ(黒いスス)は人間の免疫力を落とし、風邪等の病気にかかりやすくなるとのデータも出ております。

■花粉
アレルギーを起こす旗頭として、ここ10年来クローズアップされてきたのが花粉です。春先の目や鼻の不快感は、本人でないと理解できません。排気ガスと同様、扉をあける度、室内に入り込みます。

■ダニ
アレルギー性疾患である気管支喘息の50〜80%は、ホコリの中に棲むダニによるアレルギーだと云われております。ダニの死骸やフンが、掃除機のフィルターをも通り抜ける、1ミクロン以下に砕け浮遊しております。また、アトピー性皮膚炎も、これが原因と云われております。特に室内にじゅうたんを敷いてあるところは要注意です。

<資料提供:株式会社オーデン>

TEL
<受付:10:00〜18:00/土日祝休>
東   京: 03-5394-1691
名古屋: 052-243-9615
大   阪: 06-6252-6636
1ページ戻る   このページのトップへ