コスト分析手法

物流ABCで作業員の行動を細かく分析
「滞留」や「手待ち」を見つけて改善

プラス ロジスティクスでは、お客様の物流コスト削減をご支援するための具体的手法として「物流ABC分析」の展開に力を注いでおります。物流ABCとは、活動基準原価計算のことで、物流コストを活動別に捉えてその原価を把握することを指します。物流ABCを通じて物流現場における作業のどの部分に無駄なコストが発生しているのかを抽出し、その部分に改善を施していくことで、コストダウンを実現します。

物流センター内で発生する「ピッキング」「出荷検品」「入荷検品」といった作業(アクティビティ)ごとに生産性(1時間当たりの処理量など)を算出。さらに、おのおののアクティビティについて、どの動きにどれだけの時間・コストを要しているのかを「ワークサンプリング」(瞬間観測法)によって分析します。その結果を基に、時間・コストが掛かりすぎている箇所を特定し、そこに改善の余地があると判断して、その後無駄な動きをなくしていくための対策を講じていきます。

参考画像

プラス ロジスティクスには、数々の物流センターで物流ABC分析を実行してきた、経験豊富な専門スタッフが揃っております。物流ABC分析にトライしてみたいお客様、物流現場改善で一定の成果を上げているものの、もう一段のコストダウンを実現したいお客様は是非とも当社までお問い合わせください。

お問い合せいただく前のご注意

  • お客様からいただく個人情報は、お問い合せに関する当社からのご回答、情報提供に使用させて頂きます。
  • 利用目的の範囲内でお客様の個人情報を当社グループ会社や委託業者が使用することがございます。
  • お客様は、お客様ご本人の個人情報について、開示、訂正、削除をご請求いただけます。詳しくは「お客様の個人情報に関するお知らせ」のページをご覧ください。
  • お客様の個人情報の取扱全般に関する当社の考え方をご覧になりたい方は「個人情報保護について」のページをご覧ください。