改善パートナーを探したい

物流改善につながる提案を日々ご提供
物流関連KPIをお客様と共同で管理

仕事を出す側と受託する側という単なる関係ではなく、真のビジネスパートナーとしてお互いに知恵を出し合って、もう一段のコストダウンを実現しようという取り組みが広がりつつあります。単なる物流業務のアウトソーシングが3PL(サードパーティー・ロジスティクス)のバージョン1.0だとすれば、このようなコラボレーション型モデルは「3PL2.0」と呼べるかもしれません。

プラス ロジスティクスが目指しているスタイルは、まさにこの「3PL2.0」です。お客様には物流関連KPIとして物流センターにおける日々の作業生産性データなどを提示。問題点などがあれば、毎月の定期ミーティング時などにその対策を協議し、速やかに改善活動に乗り出します。「ウェブ日報」「ウェブカメラ」などを通じて、物流に関する情報をすべてガラス張りにすることで、お客様と信頼関係を構築し、二人三脚で物流コストダウンに取り組んでおります。

参考画像